近畿大学図書館司書 通信課程 合格レポート

2020年度 近畿大学で図書館司書資格を取得した体験記

【図書館サービス概論】近畿大学図書館司書通信課程 合格レポート

設題

 身近な公共図書館都道府県立より、市町村立が望ましい)を観察し、このテキストに書いてあることと比較しつつ、その図書館の特徴を述べ、またあなたの具体的で実現可能な希望を列挙してください。

 

レポート作成上の注意事項

  •  本文を1,900字以上、書くこと
  • 基本的なサービスと対象別サービス双方の実態について書くこと
  • できるだけ自分で調べて、近隣の同規模自治体や平均値などと比べて、相対的に評価(例えば、「人口一人当たりの蔵書数・貸出数」)すること

 

総評基準

  • 諸データは相対的に評価されていますか
  • あなたの希望は具体的で実現可能ですか

 

★合格レポート★

 

 1.  〇〇〇〇〇図書館の概要

〇〇〇〇〇図書館は、〇〇市の〇〇公園内に立地し、施設規模は約XXXXX平方メートルあり、市内で最も規模の大きい図書館です。
 図書館内には、開架スペースの他、視聴覚資料視聴コーナー、パソコン使用コーナー、学習机、グループ学習室、喫茶等があります。〇〇〇〇〇館が併設されており、展示会やイベント、体験学習など図書館と連携した生涯学習の拠点として活用されています。
    添付の表に示すように、〇〇市の人口1人当たりの蔵書数はXXX冊、また人口1人当たりの年間貸出総数はXXX冊となっており、近隣地域と比較して恵まれた蔵書数を持ち、市民に多くの図書が提供されていることから、〇〇市は図書館サービスが比較的充実しているといえます。
    以下に、当館の図書館サービスについて述べます。

 

2.  基本サービスについて
 1つ1つの資料には請求番号とバーコードが付与され、汚損防止のための透明フィルムで覆われています。
 パブリックサービスとしては、図書や雑誌、新聞、CD、DVD、VHSなどのメディアが提供されています。隣接する〇〇〇〇館では、展示会や講座が頻繁に活動されています。開架フロアと閉架書庫があり、館内には一般開架スペース、新聞・雑誌コーナー、児童開架スペース、視聴覚資料スペース、レファレンス・地域資料スペースに分かれています。
 図書館サイトで利用案内が公開されている他、館内には図書館だよりやイベント案内のチラシやポスターが掲示されています。毎月、新着資料の案内のリーフレットが作成されており、新着資料コーナーが設置されています。
    貸出サービスは〇〇市在住、在勤、在学の者の他、周辺自治体在住の者も対象とされており、貸出点数は図書10冊、視聴覚資料2冊で、2週間借りることができます。
    貸出方式は、自動貸出機で資料と利用者カードのバーコードを読み取り、貸出資料一覧と返却日が印字されたレシートを受け取ります。インターネットで資料の予約ができ、貸出機で受け取ることができます。
   複写サービスは、館内の資料に限りコピー機を使用して、1枚10円で行うことができます。パソコン利用コーナーもありますが、パソコンの資料をプリントアウトすることが出来ないので、そうしたことが出来るようになるとよいです。
    おすすめ本のブックリストの配布や新着図書コーナーの設置、季節に合わせた展示コーナーがあります。
    図書館における調べものについての支援が少ないので、パスファインダーや読書案内の事例をインターネットで公開したり、国立国会図書館や他図書館のデータベースも閲覧出来るとよいと思います。
    図書館内所蔵の資料は予約することが出来ます。所蔵していない資料についても、リクエストすることが出来ます。貸出予約の多い人気のある資料は、膨大な時間を待たないと利用することが出来ないので、資料数を増やしたり、返却期限を短縮するなどするとよいと思います。
    CDやDVD、VHSの館内視聴や貸出が行われています。映画館やレンタル店と競合しないように配慮しなければなりませんが、当館では比較的新しい視聴覚資料を手に入れることが出来ます。
    レファレンスサービスはあまり積極的に行われておらず、申込書に記入が必要など利用しにくい点があります。
    併設の城山体験学習館では様々な文化・集会活動が行われており、図書館主催の上映会や科学教室、読み聞かせが行われています。
    〇〇市内の小学校には学校図書館が設置されています。図書のための授業時間があり、借りた図書を読んで読書カードに記録するという宿題があります。また、朝10分読書という時間もあるのは、読書活動を定着させるにはよいことだと思います。

 

3.  対象別サービスについて
    児童用の絵本コーナーは、棚が低く、絵本の表紙が見えるように置かれていたり、子供に配慮した造りとなっています。資料検索用のPCがあり、タッチパネル式で検索できるようになっています。児童専門の職員はおらず、フロアワークもあまり見られません。児童用のコーナーも大人と同じフロアであるので、児童がおしゃべりをしたり、質問をしたりすることは歓迎されていないように感じます。大人とフロアを分けるともっと児童は利用しやすいでしょう。
    ヤングアダルトコーナーには、漫画やライトノベルが置かれています。学習用の机や学習室があるので、利用している中高生が多くいます。
    また、新聞・雑誌コーナーには高齢者が多くいます。高齢者用の老眼鏡や拡大読書機が気軽に使えるように置いてあるともっとよいと思います。
    点字資料や録音資料、拡大資料といった障害者用サービスは、ボランティア室内で行われています。録音機や、拡大読書機や点字プリンターがあり、一般の利用客には見えないところでそうしたサービスを行っています。
    多言語での案内版や読書案内のパンフレットといったものは全く準備されていないので、今後は多文化サービスまで展開していくべきだと思います。

 

2074字

 

参考文献

東京都立中央図書館発行 「平成31年度 東京都公立図書館調査」